【要約③】『SDGsが地方を救う』電気事業における問題点・取組み事例を紹介

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!

米谷 仁さん/生田 尚之さんが執筆した『SDGsが地方を救う』
です!

昨今、持続可能な未来を築くため
SDGsを中心に「貧困や不平等」「気候変動」「環境劣化」「繁栄」「平和と公正」など
私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指した取り組みが進んでいます。

SDGsの中でも、「水・食・電気」における事業で
地域の活性化を実現した企業『テクノシステム』の取り組みについて
会話形式で紹介をしているこちらの本。

『テクノシステム』は、資金調達の限界から、2021年5月に倒産をしてしまいましたが
SDGsの具体的な取り組みを知り、それらが地域にどのような影響をもたらしているか
また、同企業が倒産してしまったことからも、SDGsの問題に取り組む難しさ、どのような点が困難なのかを知れる本になっています。

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『SDGsが地方を救う』に興味がある方
・環境問題/食問題などについて知りたい方
・「SDGs」に興味がある方

結論:『SDGsが地方を救う』とは?

本書の著者
米谷 仁さんは、
1963年、鳥取県生まれ
1986年、環境庁入庁。環境白書やエコマーク制度の立ち上げ、環境基本法案の策定などを担当。
1998年、在中国日本大使館に初代の環境担当アタッシェとして赴任。
2001年、環境省の発足と同時に帰国。環境大臣秘書官(事務取扱)、原子力規制庁総務課長、環境省大臣官房秘書課長などを歴任。
2018年、環境省大臣官房政策立案総括審議官を最後に退官されました。

生田 尚之さんは、
1974年、神奈川県横浜市生まれ
2009年、テクノシステムを設立。ポンプ技術と電気技術を活用した、環境機器や食品関連機器の開発・製造・販売をはじめ、太陽光発電、バイオマス発電、小風力発電など、事業を展開。
東日本大震災や熊本地震などの災害では、自社製品を用いて支援活動に参加されました。

本書では、SDGsの中でも、特に「水・食・電気」における事業で
地域の活性化を実現した企業『テクノシステム』の取り組みについて
米谷さんと生田さんの会話形式で紹介がされています。

結論から申し上げますと、本書での主張は、大きく下記の3点です!

1.「水」問題への取り組み
2.「食」問題への取り組み
3.「電気」問題への取り組み

本記事では、『3.「電気」問題への取り組み』について深く掘り下げていきます。

「電気」問題の現状とは?

世界では太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など「再生可能エネルギー」を発電の中心にしようと、様々な企業が生まれてきています。

日本は、石炭・石油を中心にした真逆の戦略から抜け出せなかった過去があり、現在も発電の中心は火力発電。
「再生可能エネルギー」については、世界に遅れを取っている状況です。

地球温暖化によって海面は上昇し続け、陸や海の生態系の破壊が進み、今までにない豪雨や干ばつなどの災害が多発しています。
こうした中、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出量を減らすため、「脱炭素」が話題となり、各国共通の課題となっています。

また、世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の中でも、電気に関する目標として「7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「9.産業と技術革新の
基盤をつくろう」
「13.気候変動に具体的な対策を」が上げられています。

もはや、「再生可能エネルギー」を中心とした「電気」問題への取り組みを強化することは、日本も避けては通れません。
そんな「電気」に関する問題について、『テクノシステム』の取り組みを紹介していきます。

「再生可能エネルギー」のパッケージ化を実現

「再生可能エネルギー」が未来のエネルギーとして推進されている現状に対し
『テクノシステム』は太陽光発電・風力発電・バイオマス発電事業に取り組みました。
特に、太陽光発電では候補地の現地調査から施工、電力供給までをパッケージ化して提供を行いました。
会社として、土地を購入して太陽光システムをつくり、セットにして完成品を売るというアイデアです。

不動産を扱う資格や資金調達にハードルがあるものの、お客様からすれば話も早く安心です。
『テクノシステム』では、太陽光発電のパッケージ化を行い、25年の出力保証を行うなどして地域に密着、信頼を得ながら全国100カ所以上での稼働を実現しました。

「もったいない精神」でエネルギーを生み出す

また、特にバイオマス発電では「もったいない精神」から地域の人と繋がり、エネルギーを創出、循環型社会の実現を目指しました。

森林の廃材や牛糞などを利用したバイオマス発電は、資金の問題や発電効率の問題から、先達の多くのチャレンジが失敗に終わっていました。
そんな環境の中、『テクノシステム』が目を付けたのが「農業残渣」
「農業残渣」とは、野菜を中心とした作物の栽培において、収穫後に田畑等で発生する作物の非収穫部のことを言います。
『テクノシステム』では、糖度が高く、カロリーが高い「サトウキビ」の農業残渣を使い、牛糞から得られるエネルギー量を増やし、発電効率を上げるよう工夫を行いました。

また、発電後に出る残渣も「もったいない精神」から、利用価値があるとして
悪臭が消え、成分も窒素やリン、カリウムなどが含まれているため、肥料として再利用するよう努めました。
発電をして、悪臭が消え、肥料が残る「三方よし」の解決策と言えます。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下の3点について、ご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]
①世界では太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など「再生可能エネルギー」を発電の中心にしようと、様々な企業が生まれている。
⇒地球温暖化によって海面は上昇し続け、陸や海の生態系の破壊が進み、災害が多発している中、「脱炭素」社会を目指す動きが活発になっている。

②『テクノシステム』は、太陽光発電において候補地の現地調査から施工、電力供給までをパッケージ化して提供を行った。
⇒25年の出力保証を行うなどして地域に密着、信頼を得ながら全国100カ所以上での稼働を実現。

③『テクノシステム』は、バイオマス発電では「もったいない精神」から地域の人と繋がり、エネルギーを創出、循環型社会の実現を目指した。
⇒「農業残渣」に目を付け、発電効率を上げて、発電後に出る残渣も肥料として再利用を行った。

今回紹介したものは、
SDGsの17の目標の内、「7.エネルギーをみんなに
そしてクリーンに」
「9.産業と技術革新の
基盤をつくろう」
「13.気候変動に具体的な対策を」を中心に関わる問題です。

「電気」の問題を解決することで、SDGs目標が大きく改善されることになります。
そのためには、今回紹介をした「もったいない精神」での取り組みのような
売り手も買い手も社会にとっても良い「三方よし」の取り組みを行えるかが鍵となってきます。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました