【要約②】『SDGsが地方を救う』食事業における問題点・取組み事例を紹介

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!

米谷 仁さん/生田 尚之さんが執筆した『SDGsが地方を救う』
です!

昨今、持続可能な未来を築くため
SDGsを中心に「貧困や不平等」「気候変動」「環境劣化」「繁栄」「平和と公正」など
私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指した取り組みが進んでいます。

SDGsの中でも、「水・食・電気」における事業で
地域の活性化を実現した企業『テクノシステム』の取り組みについて
会話形式で紹介をしているこちらの本。

『テクノシステム』は、資金調達の限界から、2021年5月に倒産をしてしまいましたが
SDGsの具体的な取り組みを知り、それらが地域にどのような影響をもたらしているか
また、同企業が倒産してしまったことからも、SDGsの問題に取り組む難しさ、どのような点が困難なのかを知れる本になっています。

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『SDGsが地方を救う』に興味がある方
・環境問題/食問題などについて知りたい方
・「SDGs」に興味がある方

結論:『SDGsが地方を救う』とは?

本書の著者
米谷 仁さんは、
1963年、鳥取県生まれ
1986年、環境庁入庁。環境白書やエコマーク制度の立ち上げ、環境基本法案の策定などを担当。
1998年、在中国日本大使館に初代の環境担当アタッシェとして赴任。
2001年、環境省の発足と同時に帰国。環境大臣秘書官(事務取扱)、原子力規制庁総務課長、環境省大臣官房秘書課長などを歴任。
2018年、環境省大臣官房政策立案総括審議官を最後に退官されました。

生田 尚之さんは、
1974年、神奈川県横浜市生まれ
2009年、テクノシステムを設立。ポンプ技術と電気技術を活用した、環境機器や食品関連機器の開発・製造・販売をはじめ、太陽光発電、バイオマス発電、小風力発電など、事業を展開。
東日本大震災や熊本地震などの災害では、自社製品を用いて支援活動に参加されました。

本書では、SDGsの中でも、特に「水・食・電気」における事業で
地域の活性化を実現した企業『テクノシステム』の取り組みについて
米谷さんと生田さんの会話形式で紹介がされています。

結論から申し上げますと、本書での主張は、大きく下記の3点です!

1.「水」問題への取り組み
2.「食」問題への取り組み
3.「電気」問題への取り組み

本記事では、『2.「食」問題への取り組み』について深く掘り下げていきます。

「食」問題の現状とは?

世界では、途上国を中心に貧困と飢餓に苦しむ人が大勢いる一方で
まだ食べられる食品が大量に捨てられてしまう「フードロス」が課題になっています。

全世界の飢餓人口は8億2080万人(※2017年 時点)。世界の9人に1人はお腹を空かせている状況です。
また、5歳未満の子供の5人に1人は、栄養不足のために十分に発育ができず、身体や精神、知能の発達に深刻な影響をもたらしています。

このような問題がある一方で、日本の「食品ロス」は年間612万トン(※平成29年度)であり
わかりやすく言うと、日本国民全員が毎日1人1個のおにぎりを捨てているという計算になります。

我々が毎日捨てている食べもので、生きながらえることのできる命が確かにあります。
世界共通の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の中でも、食に関する目標として「2.飢餓をゼロに」「12.つくる責任つかう責任」が上げられています。

そんな「食」に関する問題について、『テクノシステム』の取り組みを紹介していきます。

おいしくて安心、安全な「食」を世界に届ける

世界には、まだまだ「食」が届かず、途上国を中心に貧困と飢餓に苦しむ人が大勢います。
このような現状に対し、『テクノシステム』は世界特許を取得したロータリーエンジンと特殊撹拌装置を搭載した「デリシャスサーバー」を開発しました。
和洋中のどの分野の料理にも適合し、加熱、保温、煮込みまで行えるオールマイティな調理マシーンです。

ボタン一つの操作で、具と分量を均等に取り分けられるため、アミューズメント施設やコンビニ、介護福祉施設、社員食堂、学生食堂などのニーズに合致させることができ、国内外で7,000台以上の販売実績があります。

操作は極めて簡単であり、組み立ても分解も容易、また食材は密封構造で提供できるため、とても新鮮で安全。
持ち運びも容易なため、被災地支援などにも向いている機械の開発に成功しました。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下の3点について、ご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]
①世界では、途上国を中心に貧困と飢餓に苦しむ人が大勢いる
⇒全世界の飢餓人口は8億2080万人(※2017年 時点)。世界の9人に1人はお腹を空かせている状況。

②一方で、まだ食べられる食品が大量に捨てられてしまう「フードロス」が課題になっている
⇒日本の「食品ロス」は年間612万トン(※平成29年度)であり、日本国民全員が毎日1人1個のおにぎりを捨てているという計算になる。

③『テクノシステム』は、被災地や「食」に困る人へ、容易に「食」を提供するため「デリシャスサーバー」を開発
⇒操作や持ち運びが容易であり、また食材は密封構造で提供できるため、とても新鮮で安全。被災地支援に適している。

今回紹介したものは、
SDGsの17の目標の内、「2.飢餓をゼロに」と「12.つくる責任つかう責任」を中心に関わる問題です。

「食」の問題を解決することで、SDGs目標が大きく改善されることになります。
そのためには、いかにコストダウンを行い、多くの人へ「食」を提供できるようにするかを考えることが必要不可欠であるとわかる内容でした。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました