【要約③】『海洋プラスチック』プラスチックごみ問題に対して何ができる?

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!

保坂直紀さんが執筆した『海洋プラスチック~永遠のごみの行方~』
です!

昨今、持続可能な未来を築くため
SDGsを中心に「貧困や不平等」「気候変動」「環境劣化」「繁栄」「平和と公正」など
私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指した取り組みが進んでいます。

「気候変動」「環境劣化」とへと繋がるプラスチックごみの問題についても
“ビニール袋の有料化”や”ラベルレスの飲料商品の開発”など
我々が生活するうえで、プラスチックごみの削減を目的とした政府・企業の対策を目にすることが増えてきています。

そんなプラスチックごみの問題について
我々が置かれている現状を正しく認識し、未来への対策を講じるためにはどのような考えが必要か
ということをわかりやすく説明をしてくれているこちらの本

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『海洋プラスチック』に興味がある方
・プラスチックごみ問題について知りたい方
・「SDGs」に興味がある方

結論:『海洋プラスチック』とは?

本書の著者、保坂直紀さんは、東京大学 理学部地球物理学科卒業し、同大大学院で海洋物理学を専攻。2010年に東京工業大学で博士(学術)を取得し、2017年まで東京大学海洋アライアンス上席主幹研究員を務めました。現在はサイエンスライターとして、海洋や気象、環境問題などをテーマに執筆をおこなっています。

本書では、「プラスチックごみ」の問題について
そもそも、プラスチックごみとはどのようなゴミで、どのような問題があるのか
現状を正しく理解し、未来への対策を講じるためのヒントが記されています。

結論から申し上げますと、本書での主張は、大きく下記の3点です!

1.「プラスチックごみ」問題の現状とは?
⇒世界中の海は、実は「プラスチックごみ」だらけである
2.「プラスチックごみ」とはどのようなゴミなのか?
⇒特に、「マイクロプラスチック」は「プラスチックごみ」の中でも深刻
3.未来のために我々が「プラスチックごみ」問題に対して何ができるか?
⇒「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高めることが重要

本記事では、『3.未来のために我々が「プラスチックごみ」問題に対して何ができるか?』について深く掘り下げていきます。

「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高める

私たちが「プラスチックごみ」の問題に対して何ができるかを考える時
まず、「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高める必要があります。
「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高めるとは、具体的には下記になります。

「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高めるとは?

✓本来の目的はどこにあるのか知ることが大切

✓現実の客観的な把握とバランス感覚が大切

✓時には、気分による行動も大切

以上を踏まえたうえで、私たちが「プラスチックごみ」の問題へどのように向き合っていくべきか本書に書かれている具体的な内容を紹介していきます。

本来の目的はどこにあるのか知ることが大切

2018年に生産されたプラスチックの重量は、もととなった原油の重量の3%にあたると言います。
この数字をみて気付くのは、プラスチック使用量を減らせば、もちろんプラスチックごみを減らす効果はあるだろうが、原油の節約にはあまりならないという事実があります。
原油の使用量を減らしたいのであれば、全体の3%しかないプラスチックより、燃料として使われる原油を減らすことに力を注いだ方が効果的です。

いま、考えようとしていることは
「プラスチックごみを減らすこと」なのか
それとも「原油を節約して限られた地球の資源を守ること」なのか
分けて考えた上で、数量的な事実、費用も考慮に入れながら
どうすれば、環境への負荷をトータルで減らすことができるのかを考えていく必要があります。

そのために、まず私たちがすべきことは
環境問題やゴミ問題に関心を持ち、客観的な事実を知ることです。

現実の客観的な把握とバランス感覚が大切

環境問題では、物事が複雑に絡み合い、あちらを立てればこちらが立たずということが多いです。

例えば、繰り返し使えるポリエステル100%のマイバックと、ポリエチレン100%のレジ袋1袋について、原料の採掘から焼却処分するまでに、どれくらいの二酸化炭素を排出するかを計算すると、マイバックはレジ袋の約50倍の二酸化炭素を出すことわかっています。
また、マイバックは重さもレジ袋の約10倍なので、心して繰り返し使わなければゴミも増えることになります。
雑な言い方をすれば、「プラスチックごみ」の量という観点からは、マイバックは10回以上は繰り返し使う必要があり、二酸化炭素の排出を抑制するという観点からは、50回以上繰り返し使う必要があるということになります。
マイバック一つにしても、効果的な方法はなんなのか、意見が割れることも多々あります。

このように「プラスチックごみ」の問題を解決するといっても、それ以外に考えるべきことはあり、一筋縄ではいきません。
問題を解決するための具体的な策となると、個人個人の様々な価値観、考え方、生活スタイルなどが絡み、一つの正解を目指してみんなが協力するという単純な図式にはなりません。

従って、環境問題を解決するにあたっては
自分とは違う考え方にもリベラルに耳を傾け、上手な落としどころを探し続けるバランス感覚が非常に大切になってきます。

時には、気分による行動も大切

以上のように、環境問題、「プラスチックごみ」の問題を解決するにあたっては
「プラスチックごみ」の現状、「マイクロプラスチック」の問題などを把握したうえで、自分の考えを柔軟に修正していく必要があります。

一方で、理屈ではなく気分による行動も、時には大切になってきます。
例えば、マイボトル。
お気に入りのロゴが入ったマイボトルを持参している人を見かけますが、ただペットボトルを持ち歩いているよりも「カッコよさ」があります。
この「カッコいい」は、プラスチックごみの問題をみんなで考え、解決へ向けた流れをつくるための原動力になるかもしれません。

「プラスチックごみ」に関しても、マイボトルでのお気に入りのロゴのように
「カッコいい」と思って関心をもつ市民が増えていけば、ほどなく小さな変化が大きな変化をもたらすかもしれません。

時には、気分による行動も
一人ひとりの環境問題や「プラスチックごみ」の問題へのアンテナの感度を高めるという点において効果的であると言えます。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下の3点について、ご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]
①本来の目的はどこにあるのか知ることが大切
→目的と手段の食い違いが生まれないよう、どうすれば環境への負荷をトータルで減らすことができるのかを考えていく必要がある。

②現実の客観的な把握とバランス感覚が大切
→環境問題、「プラスチックごみ」問題を解決するにあたっては、客観的な事実を知り、自分とは違う考え方にもリベラルに耳を傾け、上手な落としどころを探し続けるバランス感覚が大切である。

③時には、気分による行動も大切
→お気に入りのロゴが入ったマイボトルを持ち歩くような、「カッコいい」からするという気分による行動も、一人ひとりの環境問題や「プラスチックごみ」の問題へのアンテナの感度を高めるという点において効果的であると言える。

以上まとめると、私たち一人ひとりにできることは、余計なプラスチックの使用量を減らし、使い終わってゴミになったら、きちんと処理のレールに乗せること。
そして、アンテナの感度を高めておくことです。

プラスチックにも、多くの種類がありますが
すべて、地球の異物であることは間違いありません。
また、人間を含め地球上の多くの生き物が、意識的にせよ無意識的にせよプラスチック片を食べてしまっていることは、ほぼ確実です。

すぐに、すべてのプラスチックを無くすことは不可能であるにせよ
「プラスチックごみ」の問題は決して他人事ではありません!
いかにして、ゴミにならないよう気を付けて、余計なプラスチックを減らしていくか
一人一人が意識を高めて、日々の生活を送ることが必要になってきます。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました