【要約①】『海洋プラスチック』他人事ではない!プラスチックごみ問題の現状とは?

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!

保坂直紀さんが執筆した『海洋プラスチック~永遠のごみの行方~』
です!

昨今、持続可能な未来を築くため
SDGsを中心に「貧困や不平等」「気候変動」「環境劣化」「繁栄」「平和と公正」など
私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指した取り組みが進んでいます。

「気候変動」「環境劣化」とへと繋がるプラスチックごみの問題についても
“ビニール袋の有料化”や”ラベルレスの飲料商品の開発”など
我々が生活するうえで、プラスチックごみの削減を目的とした政府・企業の対策を目にすることが増えてきています。

そんなプラスチックごみの問題について
我々が置かれている現状を正しく認識し、未来への対策を講じるためにはどのような考えが必要か
ということをわかりやすく説明をしてくれているこちらの本

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『海洋プラスチック』に興味がある方
・プラスチックごみ問題について知りたい方
・「SDGs」に興味がある方

結論:『海洋プラスチック』とは?

本書の著者、保坂直紀さんは、東京大学 理学部地球物理学科卒業し、同大大学院で海洋物理学を専攻。2010年に東京工業大学で博士(学術)を取得し、2017年まで東京大学海洋アライアンス上席主幹研究員を務めました。現在はサイエンスライターとして、海洋や気象、環境問題などをテーマに執筆をおこなっています。

本書では、「プラスチックごみ」の問題について
そもそも、プラスチックごみとはどのようなゴミで、どのような問題があるのか
現状を正しく理解し、未来への対策を講じるためのヒントが記されています。

結論から申し上げますと、本書での主張は、大きく下記の3点です!

1.「プラスチックごみ」問題の現状とは?
⇒世界中の海は、実は「プラスチックごみ」だらけである
2.「プラスチックごみ」とはどのようなゴミなのか?
⇒特に、「マイクロプラスチック」は「プラスチックごみ」の中でも深刻
3.未来のために我々が「プラスチックごみ」問題に対して何ができるか?
⇒「プラスチックごみ」問題に対するアンテナの感度を高めることが重要

本記事では、『1.「プラスチックごみ」問題の現状とは?」』について深く掘り下げていきます。

「プラスチックごみ」問題の現状とは?

「プラスチックごみ」が大きな問題として取り上げられているのには、主に下記の2つの理由があります。

✓「プラスチックごみ」は、半永久的にゴミとして残り続けてしまう
✓小さな破片となった「プラスチックごみ」を知らず知らずのうちに食べてしまっている

とにかく丈夫で、軽くて便利なプラスチック
使う上では、丈夫なことが大きな利点なのですが、ゴミとなってしまい捨てる際にはこの丈夫さがとても厄介です。
なぜなら、「プラスチックごみ」はその丈夫さゆえに、徹底的に分解されることなく、半永久的にゴミとして残り続けてしまうからです。

そして、「プラスチックごみ」の恐ろしいところは
ゴミとして残り続けてしまうから、ただ見た目に悪いという問題だけではありません。
「マイクロプラスチック」と呼ばれる、大きさが5ミリメートルより小さいプラスチック片
魚などがえさと間違えて食べ、食物連鎖を通して我々人間も含む様々な動物の体内に入っていることが分かっています。

数字で見る「プラスチックごみ」問題の現状

半永久的に無くならないだけでなく、小さな破片になったプラスチックを食べているという恐ろしさもある「プラスチックごみ」の問題

「プラスチックごみ」は、一体どのくらい世界中に蔓延してしまっているのか
様々な文献や論文を基に、本書で紹介されているのは下記の数字です。

✓1950年~2010年の間に、83億トンものプラスチックが生産されている
→地球の人口は77億人。過去から現在までに作られたプラスチックの量を地球上に生きている人の肩に載せたら、ひとり1トンものプラスチックを背負いこむことになる。
✓生産された83億トンに対し、廃棄されたプラスチックは63億トンである
→「焼却処理:8億トン」、「リサイクル:6億トン」、「それ以外の廃棄:49億トン」
「それ以外の廃棄」には、埋め立てに加えて、海などの自然環境に流出する分も含まれる。
✓1年間に海に流れ込むプラスチックごみの量は「800万トン」である
→外国から出たゴミは日本に流れ着くし、日本から出たゴミは同じように世界に広がる。世界の国々が足並みをそろえて海に流れる「プラスチックごみ」の量を減らしていかなければ、いつまでたっても拾うゴミの量は変わらない。

すべての国が統一された集計方法ではなく、推計の部分も大きいため
上記の数字には大きく幅がでてしまいますが、世界中の海は、実は「プラスチックごみ」だらけであることはよくわかります。

「プラスチックごみ」に対して、現状行っている対策は?

世界中の海は、「プラスチックごみ」だらけだということを分かっていただけたかと思います。
そんな「プラスチックごみ」に対して
現状、世界はどのような対策を行っているのか、本書で紹介されているのは下記の対策です。

✓2018年、カナダで開かれた主要国首脳会議(G7)でカナダと欧州諸国が承認した「海洋プラスチック憲章」
→プラスチックの使用をゼロにするという過激な対策ではなく、使い方の効率を上げて、我々の生存と暮らしを維持できるよう「持続可能」な状態にもっていくため、政府や産業界、学界、一般市民、とりわけ若者達の活動を促し、支援していく。
✓「海洋プラスチック憲章」にも出てくる「リデュース」「リユース」「リサイクル」「リカバリー」
・リデュース:プラスチックそのものの使用量を減らす対策
・リユース:不要になったプラスチック製品をそのまま再利用する対策
・リサイクル:不要になったプラスチック製品を潰して、新たなプラスチック製品の原料にする対策
・リカバリー:マテリアルリサイクル※1、ケミカルリサイクル※2、熱回収をまとめて指す

このような、世界の取り組みに対し
日本は「海洋プラスチック憲章」には米国と共に加わらず、地球規模の環境問題への取り組みに消極的な国だという印象を与えました。
ゴミ事情は国によって違うので、世界の国々と同じことをするのがベストとは限りませんが
レジ袋の規制や有料化にしても、各国が次々に導入を進める中で、スタートが遅いなど世界の波に乗り遅れている感があります。

環境問題は特に物事が複雑に絡み合い、あちらを立てればこちらが立たずということも多いのが実情です。
そのような実情を十分に考慮しながら、日本が世界をリードして対策を講じていくことができるよう、市民一人一人が冷静に関心を持ち続けることが大切です。

※1
・マテリアルリサイクル:「プラスチックごみ」をプラスチックのまま原料にして、次の新しいプラスチック製品を作ること
※2
ケミカルリサイクル:「プラスチックごみ」を化学成分にまで戻したうえで、再利用の原料にすること

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下の3点について、ご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]

①「プラスチックごみ」が大きな問題として取り上げられているのには、主に下記の2つの理由がある。

✓「プラスチックごみ」は、半永久的にゴミとして残り続けてしまう
✓小さな破片となった「プラスチックごみ」を知らず知らずのうちに食べてしまっている

②1950年~2010年の間に、83億トンものプラスチックが生産され、63億トンが廃棄されている。
また、1年間に海に流れ込むプラスチックごみの量は「800万トン」である。

③世界では、2018年の主要国首脳会議で「海洋プラスチック憲章」が承認され、「リデュース」「リユース」「リサイクル」「リカバリー」の方針の下、対策を講じている

プラスチックは地球の異物であることは間違いありません。
また、人間を含め地球上の多くの生き物が、意識的にせよ無意識的にせよプラスチック片を食べてしまっていることは、ほぼ確実です。

その結果、大きなプラスチックの場合は、内蔵を傷つけたり栄養不足になる悪影響が出ます。
「マイクロプラスチック」のような小さなプラスチック片の場合は、人間への影響は未だ不明であるものの、添加物や海中で吸着した有害な化学物質が体内に移行することが、動物実験で確かめられています。

このように、「プラスチックごみ」の問題は決して他人事ではありません!
事実、便利なプラスチックを無くすことはできないため
いかにして、ゴミにならないよう気を付けて、余計なプラスチックを減らしていくか
一人一人が意識を高めて、日々の生活を送ることが必要になってきます。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました