世界中の水を綺麗に!食べられる「粉」で湖や川の汚染問題を解決へ

今回は一本の動画を紹介したいと思います。
YouTuberの『Nas Daily』さんがあげているこちら↓の動画になります。

『How This Guy Cleaned a Lake!(2019.8.12)』

こちらの動画で紹介されていて衝撃なのが、「100%オーガニックの食べられる「粉」で、湖や川の水を綺麗にする」取り組みです!

本動画の主人公は、世界の湖や川の「汚染」を解決しようと奮闘する日系ペルー人の“Marinoさん”
まず本動画では、世界の湖や川の「汚染」の問題が、想像以上に深刻であることが紹介されています。

データによると、なんと世界の湖や川の40%が汚染されていると言われています。

“Marinoさん”は、子供時代からこの「汚染」された湖や川を見て

この問題を何とかしなければと立ち上がります!

So when Marino is childhood lake also got contaminated.I had to do something about it!

マリノの子供時代の湖も汚染されてしまいました。そして、私は何とかしなくては!と思いました。

動画:『How This Guy Cleaned a Lake!(2019.8.12)』

“Marinoさん”は、日本大学で科学の博士号を取得した経験を経て、とてもユニークな解決方法を思いつきます。

He came up with a unique solution.You put this solution in dirty lake water & BAM!The solution attracts the contaminated particles & floats them to the top.

彼はユニークな解決策を思いついた。汚れた湖の水にこの開発をした粉をドン!と入れます。この粉は、汚染された粒子を引き寄せ、上部へと浮かび上がらせます。

動画:『How This Guy Cleaned a Lake!(2019.8.12)』

“Marinoさん”は汚染された粒子を引き寄せ、表面へと浮かび上がらせる「粉」を開発しました。
この「粉」を湖や川に撒くことで、汚染物を表面に浮かび上がらせ、それを回収することで水を綺麗にしようというのです!

しかも、この「粉」
湖や川に撒いても良いように、100%オーガニックで出来ており、なんと食べられるのです!

This is so environmentally friendly that you can eat it!Because it is 100% organic.

開発した「粉」は、食べられるほど環境に優しいのです。
なぜなら、100%オーガニックだからです。

動画:『How This Guy Cleaned a Lake!(2019.8.12)』

“Marinoさん”のこのプロジェクトは、汚染されていた湖や川を180度変えました。

A full 180 degree transformation that created a lake clean of parasites, bacteria & pollution the birds came back & people did too.

(汚染されたいた湖や川を)180度の大転換させて、寄生虫やバクテリア、汚染を取り除いた湖を作り、鳥たちは戻ってきて、人々も戻ってきました。

動画:『How This Guy Cleaned a Lake!(2019.8.12)』

彼は現在、ペルーで一番大きな湖(「チチカカ湖」)を綺麗にするために、チームメンバーと共に奮闘しています。
「チチカカ湖」は、標高3812mという高さに位置し、琵琶湖の12倍もの面積がある巨大な湖です。
この挑戦は、とても難しいものですが、彼は皆のために世界中を綺麗にするべく活動を続けています。

1つの問題を解決しようとすると、また別の場所で問題が生じてしまうという事例はよく聞きます。
環境問題も、周りへの影響を考えずに解決しようとすると、別の問題が発生してしまう可能性があります。

“Marinoさん”の活動の素晴らしいところは、湖や川に撒いても環境に全く問題がない
食べることもできる100%オーガニックの「粉」を用いて、「汚染」された湖や川を綺麗にしているところです!

まさしく、SDGsでも取り上げられているような『13.気候変動に具体的な対策を』『14.海の豊かさを守ろう』といった問題も解決していくのではないかと思える動画です。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました