ゴミからできたホテル⁉ゴミをリゾート施設に変える驚き発想とは?

今回は一本の動画を紹介したいと思います。
YouTuberの『Nas Daily』さんがあげているこちら↓の動画になります。

『He Made A Floating Hotel from Trash(2021.7.6)』

こちらの動画で紹介されていて衝撃なのが、「ゴミから海上ホテルが作られた」ということです!

本動画の主人公は、コートジボワールに住むを行っていた“Ericさん”
“Ericさん”はある日、海上に浮かぶペットボトルの多さを見てゴミ問題の現実に衝撃を受けます。

Until he saw thousands of them lining up the beach of Ivory Coast.A n d that is when he realised a l l the plastics that people threw away never get recycled!

彼は何千ものゴミがコートジボワールのビーチに並べられているのを見た。そしてその時、彼は人々が捨てたすべてのプラスチックがリサイクルされることは決してないと気づいた!

動画:『He Made A Floating Hotel from Trash(2021.7.6)』

このコートジボワールのビーチでのゴミの問題は、何年も続いているにも関わらず、誰も知りませんでした。

その時、”Ericさん”はある「とんでもない考え」を思いつきます!

What if he used all these floating trash & put thousands of them together to build a n island hotel in the sea.A n d not just any island but a hotel island!


もし彼が、これら数千の海上に浮遊しているゴミを、すべて海の上に島のホテルを構築するために使用したらどうなるだろうか?そして、数ある島ではなく、ホテルの島を作ったらどうなるだろうか!

動画:『He Made A Floating Hotel from Trash(2021.7.6)』

“Ericさん”は、この「とんでもない考え」に夢中になり、ペットボトルの収集を始めました。

拾い集めたペットボトルの数は、なんと80万本!!

“Ericさん”は、その拾い集めたペットボトルをつなぎ合わせて、その上に木の板を置いていき、いくつかの部屋を建てていきます!

その作業を繰り返し、少しずつ少しずつ大きくしていきます。
ペットボトルの上に部屋を作っているので、海の上にも浮くのです!

“Ericさん”は更に作業を進めて、「プール」や「レストラン」、さらには「バー」や「カラオケ」まで、海に浮かべたペットボトルの上に作っていきます!

そして、最後には1泊100ドルで泊まれて、Wi-Fiやエアコンも完備されたリゾートを
海の上に浮かべた元々はゴミのペットボトルの上に作りました。

Today the island weights over 200 tons & attracts over 100 visitors per week.Erics island is now a successful bussiness but he is not stopping here.He is planning to g e t more plastics & build even more island!

今日では、島は200トン以上の重みを持ち、週に100人以上の訪問者を魅了しています。エリックの島は、今では成功したと言えますが、彼はここで止まってはいません。彼はより多くのプラスチックを取得し、さらに多くの島を構築することを計画しています!

動画:『He Made A Floating Hotel from Trash(2021.7.6)』

ゴミのプラスチックからホテルを作り上げるだけでも、とんでもなく大変で、達成できたことに驚きです!
プラスチックが海に浮かんでいる様子を見たときに、その「浮かんでいるプラスチックごみの上に、ホテルを作ってみてはどうだろう」と考える発想力には感銘を受けました。
環境も綺麗になり、人々もリゾート地で安らぐことができる。

まさしく、SDGsでも取り上げられているような『13.気候変動に具体的な対策を』『14.海の豊かさを守ろう』『15.陸の豊かさも守ろう』
といった問題も解決していくのではないかと思える動画です。

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました