【要約】『ESG思考』ニュー資本主義へと移り行く現代で必要な思考は?①

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!

夫馬賢治さんが執筆した『ESG思考~激変資本主義1990-2020 経営者も投資家もここまで変わった~』
です!

コロナウイルスをはじめとして、環境が激変していく現代
そんな現代において、「SDGs」の関心の高まりと共に注目されている「ESG思考」(Environment:環境,Social:社会,Governance:企業統治 への注目)
「ESG思考」とはどこから生まれ、世界はどのように捉えているのか
そして、いま我々が置かれている現状を正しく認識し、未来に活かすためにはどのような思考が必要か

ということをわかりやすく説明をしてくれているこちらの本

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『ESG思考』に興味がある方
・「SDGs」に興味がある方
・人生を豊かにする本をお探しの方

結論:『ESG投資』とは?

本書の著者、夫馬賢治さんは
日本の経営戦略・金融コンサルタントで、ESG投資やサステナビリティ経営の専門家です。(株)ニューラルの代表取締役CEOとしても活躍をされております。

本書では、「ESG思考」(Environment:環境,Social:社会,Governance:企業統治)を通して
現代を正しく理解するためのヒントが記されています。

結論から申し上げますと
本書での主張は、大きく下記の3点です!

1.ESG思考・ニュー資本主義とはなにか?
⇒「環境・社会への影響を考慮すると利益が増える」と考える思考
2.ニュー資本主義は正しいのか?
⇒「環境・社会への影響を考慮=利益が増える」は成り立つ
3.日本・日本企業が取るべき戦略は?
⇒「長期的思考」とにかく身につけるべし

本記事では、「1.ESG思考/ニュー資本主義とはなにか?」について深く掘り下げていきます。

ESG思考/ニュー資本主義とはなにか?

ESG思考とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので
投資の際に企業価値を評価する指標として重視されています。
ESGの意識が高い企業に投資する「ESG投資」も拡大の傾向が見られます。

そして、ニュー資本主義とはこの「ESG思考」から生まれた新しい資本主義の形のことです。
具体的には、「環境や社会への影響を考慮すると利益が増える」と考え、利益が増えるのであれば、当然「環境・社会への影響を考慮すべき」というシンプルな結論を持っています。

「ESG投資」で運用されいる資産は年々拡大傾向にあり、2018年の時点では33.4%と世界の資産の3分の1が「ESG投資」で運用されるまでになっています。

経済認識における4分類モデルについて

本書では、経済に関する認識や思想を、2軸を用いて4つに分類をしています。

横軸は、ビジネスが環境・社会へ及ぼす影響を企業が考慮すると、その企業の利益が増えるかどうか
縦軸は、企業が環境:社会への影響を考慮することに賛成かどうか、という軸になっています。

図の右上の象限に位置する「ニュー資本主義」は
・サスティナビリティ
・ESG投資
・CSV(「Creating Shared Value」の略。企業が社会課題等に主体的に取り組み、社会に対して価値を創造することで、経済的な価値がともに創造されることを意味します。)
・長期思考経営
上記の考えの下で経営を行うことで、「環境や社会への影響を考慮しながら利益も増やす」という新しい資本主義のモデルを確立しようという動きになります。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下についてご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]

1.ESG思考/ニュー資本主義とは、「環境・社会への影響を考慮すると利益が増える」と考える思考である。

2.経済認識を4分類した時、「ニュー資本主義」とは、「環境や社会への影響を考慮しながら利益も増やす」という新しい資本主義のモデルを確立しようという動きである

もちろん、すべての企業が
「環境や社会を考慮すること=企業の利益が増える」ということに直結することは難しいと思います。

また、大量消費・大量生産により荒稼ぎをした方が、確かに利益は出るかもしれません。

しかし、それは何十年先の未来も継続して行えることでしょうか?
現代を取り巻く環境問題や社会問題はとても深刻です。
何十年先の未来も我々の世界が存続し続けるために
工夫を凝らして、「環境や社会への考慮」と「企業の利益」結び付けていくことが急務であると感じます。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

<電子書籍↓>

コメント

タイトルとURLをコピーしました