【要約】『2030年の世界地図帳』統計データから見える世界の未来とは?

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!
TVを中心に様々なメディアで活躍されている
落合陽一さんが執筆した『2030年の世界地図帳』
です!

コロナをはじめとして、環境が激変していく現代
日本はどのような戦略をとるべきなのか
そのカギは 「SDGs」にあるということを、図を使いながらわかりやすく説明
をしてくれているこちらの本

本書に書かれている戦略を通して、日本だけでなく、自身が”今”何を行うべきなのか
ヒントを得られる行動指針の役割を果たしてくれる本となっています。

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『2030年の世界地図帳』に興味がある方
・「SDGs」に興味がある方
・人生を豊かにする本をお探しの方

結論:『2030年の世界地図帳』とは?

本書の著者、落合陽一さんは
「サンデージャポン」や「news zero」などのメディアにも出演しながら、「メディアアーティスト」や「研究者」として様々な分野で活躍されております。

本書では、2030年の未来を考える補助論として
本書での主張や様々な統計情報を通じて
日本と世界の未来を俯瞰しながら考えることで、停滞や思考停止を突破し、各々の悲観的でない行動指針を立てるきっかけとなることを目標とされています。

結論から申し上げますと
本書での主張は、大きく下記の3点です!

①2030年の世界はどうなっているか、様々な統計情報から正しく理解する必要がある
⇒「5つの破壊的テクノロジー」「人口分布の変化」
②各国の戦略「4つのデジタル・イデオロギー」を正しく理解する必要がある
⇒「アメリカン・デジタル」「チャイニーズ・デジタル」「ヨーロッピアン・デジタル」「サードウェーブ・デジタル」
上記の①、②を踏まえて、日本が取るべき戦略は「SDGsを上手く使って独自技術を見極める」ことである

本記事では、①2030年の世界はどうなっているか、様々な統計情報から正しく理解する必要がある
について深く掘り下げていきます。

①2030年の世界はどうなっている?

2030年の世界はどうなっているでしょうか?
本書では主に「テクノロジー」の観点と「人口」の観点から未来を予想しています。

そのキーワードとなるのが、「5つの破壊的テクノロジー」「人口分布の変化」です。

それぞれ、詳しく説明していきます。

「5つの破壊的テクノロジー」で予想される未来

まず、「5つの破壊的テクノロジー」と下記のことを言います。

1.AIなど機械学習関連技術領域
→人口減少状態にある日本社会において、AI化/自動化/省人化は今後増々発展していくでしょう。
2.5G
→通信速度等の大幅な改善によって、より快適な場所によらないコミュニケーションが可能になるでしょう。
3.自律走行(自動運転)
→海外メーカー各社が「条件付きの自動運転」の実用化に向けて動いている状況です。
4.量子コンピューティング
→現在のスーパーコンピューターでは1万年の計算時間がかかる問題を3分20秒で解いたという、量子コンピューターの開発が進んでいます。
5.ブロックチェーン
→記録の改ざんや不正取引を防ぐためのブロックチェーン技術は、様々な開発がなされ、遠くない未来に我々の生活に組み込まれるでしょう。

上記の「5つの破壊的テクノロジー」によって、未来はどのように変わるのか
本書では、下記の変化があると予想をしています。

1.食物の完全なコントロールが可能に
→SDGs 17の目標の内「1.貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」の解決に大きく貢献
2.AIの活用や再生医療が進む
→SDGs 17の目標の内「3.すべての人に健康と福祉を」の解決に大きく貢献
3.太陽光が巨大エネルギー産業に
→SDGs 17の目標の内「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の解決に大きく貢献
4.高密度化する大都市
→SDGs 17の目標の内「11.住み続けられるまちづくりを」の解決に大きく貢献
5.専門職の代替が急速に進む
→SDGs 17の目標の内「8.働きがいも経済成長も」の解決に大きく貢献

「人口分布の変化」で予想される未来

結論、未来の「人口分布の変化」を考える
2030年以降は、「中国」「アメリカ」「インド」の時代になることが予想されます。

・日本
「2019年:1.3億人」 ⇒ 「2030年:1.2億人」 ⇒ 「2050年:1.1億人」
・中国
「2019年:14.2億人」 ⇒ 「2030年:14.6億人」 ⇒ 「2050年:14.0億人」
・インド
「2019年:13.7億人」 ⇒ 「2030年:15.0億人」 ⇒ 「2050年:16.4億人」

以上のような人口推移に伴い
GDPも2030年には、「1位:中国」「2位:アメリカ」「3位:インド」となり
日本は4位になってしまうことが予想されます。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下についてご紹介させていただきました。

【本コラムのまとめ】
1.「5つの破壊的テクノロジー」から見える2030年の世界の未来予想について
2.「人口分布の変化」から見える2030年の未来予想について

「5つの破壊的テクノロジー」と「人口分布の変化」からは
多くの恩恵もありますが、同時に様々な問題が激化していくことが予想されます。
未来の予想を正しく行い、これからの自身の戦略に繋げていく必要があります。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 [ 落合 陽一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/4時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました