【要約】『2030年の世界地図帳』未来を勝ち抜く各国の4つの戦略とは?

今回はおすすめの本を紹介したいと思います!
TVを中心に様々なメディアで活躍されている
落合陽一さんが執筆した『2030年の世界地図帳』
です!

コロナをはじめとして、環境が激変していく現代
日本はどのような戦略をとるべきなのか
そのカギは 「SDGs」にあるということを、図を使いながらわかりやすく説明
をしてくれているこちらの本

本書に書かれている戦略を通して、日本だけでなく、自身が”今”何を行うべきなのか
ヒントを得られる行動指針の役割を果たしてくれる本となっています。

本に記されている主張を自分なりに要点を絞ってまとめました。

それでは、いってみましょう!

【本コラムのターゲット】
・『2030年の世界地図帳』に興味がある方
・「SDGs」に興味がある方
・人生を豊かにする本をお探しの方

結論:『2030年の世界地図帳』とは?

本書の著者、落合陽一さんは
「サンデージャポン」や「news zero」などのメディアにも出演しながら、「メディアアーティスト」や「研究者」として様々な分野で活躍されております。

本書では、2030年の未来を考える補助論として
本書での主張や様々な統計情報を通じて
日本と世界の未来を俯瞰しながら考えることで、停滞や思考停止を突破し、各々の悲観的でない行動指針を立てるきっかけとなることを目標とされています。

結論から申し上げますと
本書での主張は、大きく下記の3点です!

①2030年の世界はどうなっているか、様々な統計情報から正しく理解する必要がある
⇒「5つの破壊的テクノロジー」「人口分布の変化」
②各国の戦略「4つのデジタル・イデオロギー」を正しく理解する必要がある
⇒「アメリカン・デジタル」「チャイニーズ・デジタル」「ヨーロッピアン・デジタル」「サードウェーブ・デジタル」
③上記の①、②を踏まえて、日本が取るべき戦略は「SDGsを上手く使って独自技術を見極める」ことである

本記事では、②各国の戦略「4つのデジタル・イデオロギー」を正しく理解する必要がある
について深く掘り下げていきます。

②各国の戦略「4つのデジタル・イデオロギー」とは?

激しい変化が予想される現代において
本書では、未来を勝ち抜くための各国のデジタル社会を支配するイデオロギー(デジタルに対する向き合い方)について、4つの類型に分けて説明がされています。

1.アメリカン・デジタル
→アメリカを中心に発展したイデオロギー
2.チャイニーズ・デジタル
→中国を中心に発展したイデオロギー
3.ヨーロピアン・デジタル
→ヨーロッパを中心に発展したイデオロギー
4.サードウェーブ・デジタル
→開発途上国の中から飛躍的な経済成長を遂げた国を中心に発展したイデオロギー

以上の「4つのデジタル・イデオロギー」は、下図のような関係性になっています。

それぞれの国が、未来を勝ち抜くために
このデジタル・イデオロギーに基づいた戦略を立てて発展を試みています。

詳しく説明していきます。

1.アメリカン・デジタルとは

アメリカを中心に発展した「アメリカン・デジタル」は
「情報」を武器に貪欲に新市場を求め、研究開発には予算を惜しまないことが特徴です。
「アメリカン・デジタル」を背景に成長を遂げた
GAFAM(「Google」「Amazon」「Facebook」「Apple」「Microsoft」)を中心としたグローバル企業は衰退の兆しは見えません。

今後の未来としては、増々発展をしていくと同時に
世界を覆わんばかりに拡大した搾取と格差のネットワークを生み出すことが予想されます。

2.チャイニーズ・デジタルとは

第二次世界大戦後、中国の巨大な人口から非常に有望な市場として発展してきた「チャイニーズ・デジタル」は
国家の強力な情報統制の下、「工業」を武器として発達してきたことが特徴です。
「チャイニーズ・デジタル」を背景に成長を遂げた
BATH(「Baidu」「Alibaba」「Tencent」「Huawei」)を中心にアメリカに迫る勢いの生態系が築かれています。

しかし、国家の管理が強く管理変動相場制をとっている中国経済は
今後の未来として、株式や通貨の実態体的価値を正しく判断できなくなっているというリスクを抱えています。

3.ヨーロピアン・デジタルとは

ヨーロッパの伝統と文化を背景にブランド力を押し出すことで発展してきた「ヨーロピアン・デジタル」
「アメリカン・デジタル」「チャイニーズ・デジタル」とは全く違った活路を見出しました。
「法」や「倫理」を武器にスペック上には表れない価値を創造し、顧客との協力なエンゲージメントを生み出すことができます。

職人技のものづくりやブランド価値のような付加価値を高める方法論は
今後の未来として、SDGsの目指すところである「働きがいや経済成長」と、「労働負荷や環境負荷の低減」を同時に行っていくという考え方の実現が可能であるイデオロギーと言えます。

4.サードウェーブ・デジタルとは

21世紀に入り、それまで貧困に喘いでいた開発途上国の中から、飛躍的な経済成長を遂げるインドやアフリカ諸国などの国が現れ始めました。
豊富な「資源」中心に発展してきた、それらの国を「サードウェーブ・デジタル」と定義しています。

「サードウェーブ・デジタル」は、発展段階として封建的社会の後に続くはずの「近代」を経由せずに今日に至りました。
国全体をあげて民主主義と資本主義の定着に取り組み、安全で文化的な社会を構築した経験はなく
前近代から近代を経ず、一足飛びに現代へと到達してしまったという特徴があります。

このような「サードウェーブ・デジタル」の下で発展してきた国々では
今後の未来として、先進国では今まで見過ごされてきた価値を再定義した製品による新種のイノベーションが期待されます。

まとめ

みなさま、いかがでしたでしょうか?

今回は、以下についてご紹介させていただきました。

[本コラムのまとめ]

1.「アメリカン・デジタル」の特徴と未来予想について
2.「チャイニーズ・デジタル」の特徴と未来予想について
3.「ヨーロピアン・デジタル」の特徴と未来予想について
4.「サードウェーブ・デジタル」の特徴と未来予想について

それぞれの国が未来を勝ち抜くために
どのようなデジタル・イデオロギーに基づいた戦略を立てているのか
理解をしたうえで、時代の流れを読み、自身の戦略に繋げていく必要があります。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望 [ 落合 陽一 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/5時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました