オリラジ中田、原価率65%のアパレル事業を発足 「正気の沙汰ではない」

リンク

原価率65%以上となると人件費/開発費/固定費のやりくりをどうするのかが気になるところだが、原価率が高い=サスティナブルかというと必ずしもそうではないのではないか。

ただ記事にあるように、

”日本の町工場とタッグを組みつつ、”生産過程の公開”、”原価公開”など、今までのアパレル業界では頑なに隠されてきた部分を明かすようです。”

は、非常に楽しみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました